話題沸騰のチーズケーキ!

チーズケーキの奥深い世界

チーズケーキとは、チーズを原材料として作られたケーキの総称です。使用するチーズの種類や、焼き方によって、様々なタイプに分類することが可能です。オーブンで表面を焼き上げているものは、ベイクドチーズケーキと呼ばれています。ベイクド(baked)とは、英語で焼くという動詞の過去分詞形で、パンやケーキやクッキーなどを焼くときにこの言葉が使われています。表面を焼き上げているため、生のケーキに比べて、保存性に優れているという特徴があります。特に保存料をいれなくても、冷蔵庫で保管しておくと、数日間は日持ちします。また、焼いてから時間が経過すると、味が熟成していき、風味が豊かになっていくところも大きな特徴です。このタイプのケーキと、真反対の性質を持っているのが、いわゆるレアチーズケーキです。このケーキは、オーブンで加熱処理を一切行っていません。原則として、生クリームとクリームチーズを混ぜあわせて、クリーム状にしたものを、パリっとした歯ごたえのよい生地の上に流し込んで作られます。レモン汁を多めに混ぜることで、爽やかな酸味があり、上品な甘さが売り物です。作りたてよりも、冷蔵庫でしばらく寝かせておくと、味が落ち着きます。

初心者でもチーズケーキが自分で作れる

好きなケーキとして挙げられる傾向にあるのがチーズケーキです。チーズケーキ専門店があるくらいに人気があり、多くの人に親しまれています。ケーキ屋さんで買うものもおいしいですが、チーズケーキは自宅で簡単に自作することができます。混ぜて焼くだけなのでお菓子作り初心者の方でも取り掛かりやすいお菓子です。基本的な材料はクリームチーズを使います。そこへ砂糖やサワークリーム、ヨーグルト、レモン汁などをお好みの量を入れて混ぜ合わせます。最初は硬さがあるので、電子レンジで温めておくと柔らかくなって混ぜやすくなります。トロトロに混ぜ合わさったらケーキ型に流し込んでオーブンで焼くと出来上がりです。ケーキ型の底に、クッキーやクラッカーを砕いたものを敷き詰めると土台となって美味しくなります。作り方が簡単なので、小さな子供でも作ることが可能です。ベイクドタイプ以外にも、レアチーズタイプのものも家で作れます。ベイクドケーキはオーブンで焼くのですが、こちらは冷蔵庫で冷やして固めるケーキです。材料にさらにゼラチンを溶かしたものを加えて冷蔵庫に置いておきます。オーブンを使わないので、家にオーブンがないという人でも取り掛かれます。


Favorite


WEB請求書のことならお任せください


ガーデンニングに精通しています


介護ソフトの比較を行っています



2020/2/26 更新

 


TOPへ

 

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>
Copyright(C) 2015 話題沸騰のチーズケーキ! All rights reserved.